脱毛機の性能について

###Site Name###

脱毛機といえば、今では医療関係の専売特許ではなく、家庭にも広く普及するようになっています。

もちろん、家庭で本人がみずから脱毛を行う場合には、知識の面でも不安が大きいことから、安全性を最大限に配慮して、製品の性能も、医療用のものなどと比較すると、かなり抑制されたものになっています。



そうしたなかで、家庭用の脱毛機の性能を推し量るポイントがいくつかあります。

たとえば、一般的なメーカーのものであれば、フラッシュ光方式とよばれる方式を採用していますが、まれにレーザー方式のものもあります。

レーザーのほうが強力で、脱毛という目的だけに特化してみれば、優れた点が多いといえます。
ただし、強力なことと引き換えに、使用時に痛みをともなうなどのトラブルも発生しやすいといえ、特に肌が敏感だという場合には、従来のフラッシュ光方式のほうを使用したほうが無難です。



また、脱毛機のなかには照射レベルを切り替えられるものと、切り替えができないものがあります。

切り替えができたほうが、デリケートな部分は照射レベルを低くおさえ、逆にあまり鋭敏ではない部分は強めに設定して効率を高める使い方が可能です。照射する面積も、製品によって大きな違いがあります。



一度に広い部分をカバーすることができるのは、やはり面積が大きい製品のほうです。

ピンポイントでの脱毛しかしないのであれば、照射する面積が小さいものであっても、逆に小回りがきいて効果的な場合があります。