医療レーザー脱毛機の種類

###Site Name###

美容系クリニックでは、医療レーザー脱毛機を使用して脱毛施術を受けることができます。

このレーザー脱毛機にはいくつもの種類があり、クリニックによって使用している機器は異なります。よく使用されているのが、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーの三種類です。

大手クリニックでは複数種類を導入し、患者の肌質や毛質に応じて使い分けています。
アレキサンドライトレーザーは、多くのクリニックで広く導入されています。



日本人の肌質や毛質に適していると言われる脱毛機で、照射範囲が広いため、照射回数が少なくて済みます。

施術時にゼリーを塗布する必要がないため、ひやりとした不快感を感じずに済みます。

ただし、部位や個人差もありますが、痛みが強い傾向にあります。


ダイオードレーザーは痛みの程度が軽く、肌ダメージが少ないのが特徴です。

日焼け肌やもともと肌が黒い場合でも施術が可能です。



また照射口が四角いため、打ち漏れする可能性も低くなっています。

YAGレーザーはレーザーの波長が長く、毛根の奥深くまで届きます。

そのため肌表面が日焼けしている場合でも使用することができます。
男性の髭など、太くて毛根が深くにある毛にも適応します。
照射範囲が狭いため、広範囲の脱毛にはあまり使用されません。



美容系クリニックで脱毛を受けるときは、初回のカウンセリング時にしっかりと相談し、もっとも肌にあったもので施術してもらうようにしましょう。